吹田千里山のヨガ教室 メイヨガスタジオ 初心者体験実施中

May Yoga Studioの始まりは…その1「ママヨガ」

深い呼吸で、自分を見つめ、こころも身体も軽やかに♪

スタジオ主宰のMayは、ごく一般的な(?)一介のヨガインストラクターでした。
関西のヨガスタジオにて、スタジオ専属のインストラクターとして2年ほど働いた後、独立して、外部講師としてヨガスタジオに呼んで頂き、レッスンを提供する。毎日、複数のスタジオ移動して、ヨガレッスンをして。

約5年前のある時、Mayの友人で、子持ちのタップダンサーだったNaoちゃんに誘われ、ママタップのレッスンを受けることに。そこで、こんな提案を頂いたのです。

「身体を動かしたい、と思ってるママ達はたくさんいるの。だけど、(タップ)ダンスって言うと、ちょっと恥ずかしいというか、ハードルが高くなって躊躇しちゃう人が多い。ヨガならやってみたい!って言う人多いよ。
一緒に、ママタップとママヨガのレッスン共催しない?」

そこで、レンタルスタジオを借りて、ママヨガのレッスンをし始めたのが、May Yoga Studioのスタートでした。

ママヨガとは、子どもと一緒にレッスンに来て、ママがヨガをしている間、子どもは同じ室内の周りで遊んでいる、という形。小さい子どもは思い思いに遊んでいたり、ママがしているヨガの動きを真似したり。レッスン中におっぱいが欲しくて泣いたら、ヨガポーズを少し休んでおっぱいタイムにしたり。自由にヨガの練習時間を一緒に過ごすスタイル。


もちろん、巷にはヨガスタジオは、特に都心部にはたくさんあります。

だけど、小さいお子さんがいるママ達にとっては、通常のヨガスタジオには行けなかったんです。

子どもをわざわざ預けてまで、自分のためにヨガスタジオに行くのは気が引ける。
数時間でも保育料をかけるのは厳しい。

そんなママ達に、May Yoga Studioのママヨガのレッスンはぴったりでした。
これが5年前のスタート。

今でも、このスタイルは変わらず、「ママヨガ」「やさしいヨガ」「ママ+マタニティヨガ」のレッスンでは、お子様連れでママ達(だけでなく、パパもばぁばもじぃじもOK)にお越し頂いています。

明日に続く~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です