大阪 江坂にある ヨガスタジオです。ヨガが全く初めてでも。身体がかたくても。小さな子ども連れでも。みんながヨガを 楽しめるスタジオです。ご自分のペースで通える1回ごとのエントリー制。適切な価格で、 指導経験豊富なインストラクターによるヨガレッスン。

夜寝る時の姿勢は…シャバーサナが正解!

深い呼吸で、自分を見つめ、こころも身体も軽やかに♪

おはようございます!仕事納めの朝8時!

江坂・May Yoga Studio主宰のMayです!

 

 

解剖学のテキストで描かれる人の姿勢、見たことありますか?

こんなやつ。↓(画像はお借りしました)↓

両足は腰幅、もしくは肩幅程度に軽く開き、

両腕は斜め下に伸ばし、

腋の間には少しスペースを空け、

そして手のひらを上に向けています。

 

これがまさに、ヨガのポーズの一つ、

シャバーサナ(しかばねのポーズ)です。

 

夜寝る時の姿勢は、実はこの姿勢がベスト!

最も身体に負担のない休み方です。

 

特に、腕から手にかけて。

肩こりがある人は、手のひらを上に向けてみてください。

なんとなく、手のひらを床の方に向けて布団に触れるほうが

安心するような気がするかもしれません。

ですが、慣れてくると、気になりません。

実は、手のひらを下に向ける方が、

上腕部(二の腕)がねじれないので、負担がないのです。

 

逆に言うと、手のひらを下に向けて寝る方が、

ずっと上腕部をねじった状態のまま、

一晩過ごすことになるので、

それが肩こりの原因となることもあります。

 

そして、枕をしないで寝ることもポイント。

高すぎる枕は、頚椎(けいつい・首の骨)に負担がかかり、

首の前の部分のしわを作ることになるので

老けて見える原因にもなります。

 

後頭部から肩・背中にかけてが

一直線のフラットな状態にある方が、

身体にとっては自然です。

ですので、この形をサポートする形の、高すぎない枕であればOK!

 

ですが、人体は触れる面が大きいほど安心感が増すので、

浮いている首の後ろの部分をサポートするように、

タオルなどをたたんで、首と床との隙間をサポートするように

「首まくら」を入れてあげると安定していいですよ。

 

朝起きても、肩や首回りのだるさが取れていない…という方は

是非、この寝る姿勢を試してみてくださいね。

 

 

 

スタジオのレッスンスケジュールはこちら

 

Mayのスケジュールが空いていれば

プライベートレッスンを承ります。

年末年始は、通常スケジュールより変則的ですので、

個別にお問い合わせください。

できるだけご希望に添えるように調整致しますよ!

 

お申込みは以下のフォームよりどうぞ!

折り返し可能な時間をご返信いたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です