吹田千里山のヨガ教室 メイヨガスタジオ 初心者体験実施中

ヨガ通訳者という仕事もしています。

深い呼吸で、自分を見つめ、こころも身体も軽やかに♪

おはようございます!毎朝8時が慣れてきたかな?
江坂・May Yoga Studio主宰のMayです!

ええんやろか?こんな写真で。

ヨガ講師としての活動は、ヨガという生き方、ヨガというツールを皆さんにお伝えして、それを日常生活で活かして頂くためにやっています。

そして、ヨガ講師から発展した仕事として、ヨガ通訳者という活動もしています。

海外から来られたヨガの先生が、日本でワークショップや講座をされる際。
または、
日本から海外へ、ヨガを学びに行く方々に同行して。
など、
様々な流派のヨガ教授の場に、ことばの架け橋として関わらせて頂いています。

 

幼少期から英語が身近にある環境に身を置かせてもらったこと。
高校は国際教養科というユニークな学科で学べたこと。
大学を卒業してからはイギリスでしばらく暮らす機会があったこと。

英語という言語に関わる時間は割と多かったかと思いますが、帰国子女というわけではなく、日本で学んだ英語です。

まだまだ勉強中だと、日々感じる言語ではありますが、英語が今の自分の仕事の幅を広げてくれていることはとても嬉しく思います。

 

ただやはり、私の母国語は日本語です。

英語を聞いて(もしくは読んで)、日本語に訳す、ということにはそんなに違和感がないのですが、
日本語から英語に訳す、という作業は、とても骨が折れます。

(イギリス人で大阪・中津在住の友人も、日本語を英語に直すのはそんなに労力がいらないけど、イギリスのニュースを日本語にするのが3~4倍も時間がかかってめちゃ疲れる!と、同じ思いをしていることが発覚!)

だからもっともっと英語の勉強をしないとなーと、いつも思います。

まだまだ通訳者としてお金を頂けるレベルではないのかも、と反省する時もちらほら。

 

的確な言葉のチョイス、頭の中の記憶の引き出しを一瞬で開けて、必要なものだけ取り出さねばならない。
集中力と、脳みその体調管理?。ライブ感に乗り切る体力も必要な、一筋縄ではいかない仕事です。

 

だけど、持っているツールは、使いながら磨いていけばいい、と思ってもいます。
完璧に磨き上げても、いざ、そのツールの使い方がわからなければ、やはり意味がない。

 

だから、通訳者としての仕事もさせて頂いています。

 

明日は、実際に私が通訳者として関わらせて頂く講座についてご紹介しますね!
 

 

May Yoga Studioのレッスンスケジュールはこちら。

レッスンへのお申込みはこちらへどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です