吹田千里山のヨガ教室 メイヨガスタジオ 初心者体験実施中

ちな先生のジヴァムクティヨガのレッスンを受けてきました!

深い呼吸で、自分を見つめ、こころも身体も軽やかに♪

おはようございます!毎朝8時は?
江坂・May Yoga Studio主宰のMayです!

毎週二十数本のヨガレッスンを提供しているMayですが、たまたま昨日土曜は一つレッスンがお休みでした!

そしたら、金曜日の夜に、ヨガインストラクター仲間のちな先生から連絡があり、

「明日、心斎橋lulu lemonで無料のレッスンがあるんだけど、ちょうど1名枠が空いてて。
めいちゃん、来ない??」

びっくり!
普段なら絶対に行けないのに、このご連絡を頂いたところがスポッと空いていて、

「それ、きっと私の席だわ!」ということで、レッスンを受けに行ってきました!

ちな先生とのご縁も不思議なもので、May Yoga Studioに毎月施術をしに来てくれている「にわとこ」のもっさんのお友達で、大阪で三人で食事をしたことがきっかけでした。

ちな先生は、ニューヨーク発祥の、ヨガの古典を厳格に重んじる『JivaMukti(ジヴァムクティ)』ヨガを教えて下さいます。
このヨガは、音(ナーダ)も大切にします。ハルモニウムという楽器を演奏し、みんなでマントラ(聖なる言葉、ご真言)とヨガスートラ(ヨガの古典テキスト)の一説を一緒に唱えてから、アサナ(身体を動かすヨガのポーズ)がスタート。

今日は、秋分の日。
昼と夜の長さが同じになる、と言う日です。
ヨガでも、どちらかに傾きすぎるのではない、真ん中、中庸、中正、ということを重んじますね。
今日はとてもヨガ的な日だね。という、ちな先生のお言葉。

 

そして、アサナ。
同じアサナでも、普段の自分の取り方とは違うアプローチで行うと、また新しい発見があります。
ジヴァムクティヨガは、ヴィンヤサ(流れるようにポーズとポーズを繋ぎ、連続して動いていくレッスン)で、とても心地よく動き続け、気がつけば、汗がぽとぽとマットに!

 

自分の弱い箇所もやはり出てきます。
あー、なんかつらい!
ここめっちゃ痛い!
このポーズ早く終わらないかな。
普段のレッスンでも、このポーズ、無意識のうちに避けていたな。
この動き方、全然最近やってなかったから、この部分の筋肉が落ちてるな。

もっとこの部分を使えるようになりたいな、という自分自身への課題も頂きました。

 

レッスンが終わった後、数人の方とお話しし、しばらく会っていなかったヨガインストラクターの先生たちともご挨拶ができて、facebookで繋がったりと、楽しい時間でした。

 

「YOGA」(ヨガ・ヨーガ)という言葉の語源は、サンスクリット語の「Yuj」(ユジュ・ユジ)から来ています。
これは、「くびき、繋ぐ、繋げる」という意味。

ヨガは、
「身体とこころ」をつなげてくれます。
「私とあなた」をつなげてくれます。

 

改めて、自分自身の練習の大切さと、ヨガの楽しさ、清々しさを再確認した日でした!

 

 

May Yoga Studioのレッスンスケジュールはこちら。

レッスンのお申込みはmayyogastudio★gmail.com(★を@に変えてね)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です