大阪 江坂にある ヨガスタジオです。ヨガが全く初めてでも。身体がかたくても。小さな子ども連れでも。みんながヨガを 楽しめるスタジオです。ご自分のペースで通える1回ごとのエントリー制。適切な価格で、 指導経験豊富なインストラクターによるヨガレッスン。

『呼吸のフローとマントラチャンティング』の様子をご報告します!

深い呼吸で、自分を見つめ、こころも身体も軽やかに♪

一昨日7月23日(日曜)17:30~19:30、
福田佳恵先生のマントラチャンティング講座が開催されました!
真ん中のおちゃめな佳恵先生です!

普段のヨガレッスンでは、レッスンの最初や最後に唱えることが多く、マントラの意味や、詠唱法、声の出し方などまであまり深く触れることが少ないマントラですが、ヨガの教えの中では、アサナ(ポーズ)よりも優先度は高く、第一に学ぶものとされています。

『マントラ』とは、日本語では「真言」と訳され、仏教のお経のようなものとイメージして頂くといいでしょうか。サンスクリット語の、呪文のような、とても波動の高い、パワフルな言葉の連なりです。
聞いているだけでも、空気の振動が身体に伝わり、7割以上が水でできている人間の身体の中の水分を震わせます。
体内に滞っている箇所があれば、この振動で滞りが解消され、不調が改善されると言われています。
それを自分の声を使い、内側から振動させるとなると、私達に及ぼす影響はとても大きいことは明白。

マントラは、その昔、ヨガ鍛錬をしていた聖者の元に、降り注いできた、神からの言葉と言われています。
ですので、音の高さ、音の長さなど、全てに意味があり、ほんの少し違うだけでも、別の意味になってしまったり、効果が変わってしまうのです。

それを一つ一つ丁寧に。
たくさんのマントラを知っていることがいいのではなく、正しいマントラを知っていることが重要です。
 
そして正しい音を出すためには、音を出しやすい身体にしておくことも大切。
素直に心地よく音が出せる身体のキーになるのが『呼吸』です!

まず初めに、簡単な身体の動きと呼吸を合わせていく練習からスタート。
普段は無意識でとってしまう呼吸にしっかりと意識を向けて、身体の動きと呼吸をリンクさせていくと…とっても声が出しやすい!

そして、マントラの発音のしかたを一つ一つ丁寧に習います。

今回は、日本でもご存知の方が多い『Asato』マントラを。
一語一語大切に唱えていくと、とても集中力が必要なのがわかります。
それに記憶力、観察力も必要とされます。
いつも歌のようになんとなく唱えていたマントラが、全く異なる面を見せ、力をもって私達に迫ってくるようです。それを身をもって体感できた、あっという間の2時間でした!

終わった後は、皆さん全身の細胞全てにマントラの心地よい刺激を感じていました。
とてもパワフルなマントラの効果!

早速、佳恵先生に再開講をお願いしましたよ!
次回は、9月18日(祝・月)17:30~19:30です!
今回お越し頂けなかった方は、是非ぜひ予定を空けておいて下さいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です