大阪 江坂にある ヨガスタジオです。ヨガが全く初めてでも。身体がかたくても。小さな子ども連れでも。みんながヨガを 楽しめるスタジオです。ご自分のペースで通える1回ごとのエントリー制。適切な価格で、 指導経験豊富なインストラクターによるヨガレッスン。

「ヨガ」って、色んな種類があるよねぇ??

深い呼吸で、自分を見つめ、こころも身体も軽やかに♪

おはようございます!今週も毎朝8時の顔にお付き合いください!
江坂・May Yoga Studio主宰のMayです!

「ヨガ」やってみたいけど、どんなヨガから始めたらいいの?

ヨガに触れる初めての方が、ネットで検索したり、ヨガスタジオのHPを見たりして、戸惑われることの一つに、「ヨガの種類の多さ」があるかもしれません。

「ハタヨガ」「ラージャヨガ」「ホットヨガ」「マタニティヨガ」「パワーヨガ」「リストラティブヨガ」「陰ヨガ」「フローヨガ」「ヴィンヤサヨガ」「アシュタンガヨガ」「シヴァナンダヨガ」「ママヨガ」「アヌサラヨガ」「おっさんヨガ」「シュリダイヴァヨガ」「イシュタヨガ」「バクティヨガ」「ハワイアンヨガ」「ゆったりヨガ」「お昼寝ヨガ」「ドッグヨガ」「ビールヨガ」「パークヨガ」「SUPヨガ」「ビーチヨガ」「ナイトヨガ」「キッズヨガ」… … 延々と続く…

 

その名前を見て、
「ママヨガ」ならママさんに向けたヨガなんだな。
「キッズヨガ」は子ども向けだろうな。
「マタニティヨガ」は妊娠してる女性向けね。
ということはなんとなくわかります。

「パワーヨガ」んー、なんか筋力使うのかな?激しそう?
「パークヨガ」公園でやるっぽい。
「お昼寝ヨガ」ヨガじゃなくってお昼寝なの?

でも、「アシュタンガヨガ」?「バクティヨガ」?
何語かすらも分からない、ましてや内容も想像がつかない…。

 

そうですね。
ヨガのレッスン名は、対象者に向けてタイトルをつけているものもあれば、その流派の創始者の名前を冠しているものもあれば、そのヨガの特徴を説明しているものもあれば、サンスクリット語で表されているものもあり、講師の名前がついているものもあったり。

レッスン名のつけ方は自由なので、特に決まりはなく、混迷を極めています。

そのため、レッスン名を見ただけでは内容が明確ではなく、知らない言葉だったりすると、なんとなく専門用語っぽくて、初心者の方は敬遠しがちですよね。

基本的に、どんなヨガでも、全くの初心者を受け入れない、ということはありません。

誰でも、その時のご自身に合ったペースで進めていけばよく、痛みやケガがあれば、その時はお休みしていてもいいのです。

難しく考えずにレッスンに参加してみて、始まる前に、そのインストラクターや講師に、自分が初めてであること、身体のどこか気になるところがあれば、それを伝えておけば安心でしょう。

体験レッスンを申し込む際に、レッスン内容を尋ねてみてもいいかもしれません。

 

ただ、ゆったりと身体を動かしたかったのに、とてもハードなヨガでついていけなかった。とか、もっと色んなポーズをやってみたかったのに、ほとんど動かなくてつまらなかった、というようなこともあるかもしれません。

その場合は、別のレッスンに参加してみて、自分が心地よいと思えるレッスンを探してみて下さいね。
たった一度きりで、
「ヨガって思っていたのと違うから、やーめた」
となってしまっては、講師としてはとっても悲しいですし、せっかくヨガをしてみようと思って下さったのに、もったいないです。

やはりそれでも、どんなヨガをしたらいいか迷われる方は、プライベートレッスンを申し込んでみるのも、いいと思います。

講師に、ご自分のイメージするやりたいヨガを伝えて、オリジナルのメニューを作ってもらうのもいいですし、どんなレッスンが向いているか、おすすめしてもらうこともできますね。

 

May Yoga Studioの講師陣は、様々な流派のヨガを経験したうえで、自分の主流とするヨガを伝えています。
お一人お一人のお身体に合った、最も合うヨガをお伝えしますよ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です