吹田千里山のヨガ教室 メイヨガスタジオ 初心者体験実施中

ヨガの先生でいること

深い呼吸で、自分を見つめ、こころも身体も軽やかに♪

私がヨガインストラクターになって

間もない頃、悩んでいたことがあった。

 

 

ヨガに出会い、ヨガが楽しくて、

ヨガで身体も気持ちも変わってきた

自分の経験を色んな人に伝えたいと

思うようになって。

ヨガを始めて2年目で、半ば勢いで

インストラクターになったので、

知らないことや、できないポーズが

たくさんあった。

(もちろん今もだけど…)

 

当時、大手ヨガスタジオに所属して

いたので、そこのプログラムを覚えて

お客さんの前でデモをするだけ。

だから、そこに出てこないポーズは

知らなかったし、シークエンスの

組み立て方も知らなかった。

愛想のいいロボットのように、

覚えたポーズの効能をしゃべるだけ。

 

だが、人前に立つだけで、いっぱしに

「先生」と呼ばれることにすごく悩んでいたのだ。

 

自分よりヨガ経験の長い、身体が

しっかりできている生徒さんの方が

よっぽど美しくポーズがとれる。

なのに、まだ経験の浅い自分が

「先生」と呼ばれることへの罪悪感

のような違和感にさいなまれ

続けていた。

 

ある時、生徒として受けたクラスで

私を指導してくれた先生に、

その悩みを話すと、彼女はこういった。

 

「別にできないポーズがあってもいいじゃん。

それを練習している姿を、自分が

努力し続ける姿を見せてあげられる

人が先生なんだよ」

 

一つ年上のその先生はこうも言った。

 

「できないとか、知らないとか、

それを取り繕わずに、私はできません、

私は知りませんって

ちゃんと言える先生こそ、いいと思うの。」

 

できないのに、できるふりをしたり

知らないことを知ったかぶりをする

それはやっぱり不誠実だし、

嘘をついていることになる。

 

だから実直に、努力し続ける姿を

見せられる人になろうと思った。

 

道を探求し続けることをやめない。

それはやっぱり、覚悟がいる。

一生涯かけて取り組むと、自分に

約束する。

たまにサボったとしても、

心のどこかで、忘れていない。

いつも、そこに身を置いている。

 

それでようやくはじめて、

先生っぽくなれているのかもなー

と思っている。

 

 

各種お申込みはこのページ下の

フォームよりどうぞ!

折り返し可能な時間をご返信致します。

 

グループレッスンスケジュール

こちら→→★★

スケジュール下の

【ネット予約はこちら】ボタンより

ご予約カレンダーに飛びます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です