吹田千里山のヨガ教室 メイヨガスタジオ 初心者体験実施中

ヨガで硬いところを伸ばすと「痛い」って感じるのはどうして?

深い呼吸で、自分を見つめ、こころも身体も軽やかに♪

吹田市千里山に移転したばかりの

小さなヨガスタジオです。

それぞれの心と身体に合わせた

その方のためのヨガレッスンを。

 

 

おはようございます!

硬くて痛いの朝8時!

May Yoga Studio主宰のMayです!

 

 

 

昨日のレッスンに、まだヨガが

人生2回目だという方がお越しに。

 

「身体カタいんですけど、ヨガやってみたくて。」

 

もちろん、大大ウェルカムです!

身体の硬さはヨガには関係ないと

何度もお伝えしていますが、

多くの方は

「自分は身体が硬い」という

呪縛からなかなか離れられないよう。

 

ポーズを取りながら、

身体のあちこちを伸ばすときに

「いてててて…」

とついつい声が漏れる(笑)

 

硬い身体を伸ばすときに「痛い」と

感じる、その「痛み」の正体。

 

それは、その部分を自分が

「認識した」っていう印なんですよ。

とお伝えしました。

 

本当に「痛い」時。

例えばケガをしている。傷めている。

その時は、どんな動きをしても

楽な姿勢をとったとしても

ずーっと「痛い」。

治るまで「痛い」。

 

だけど、ポーズをとることで

いつもと違う動きをして、

硬くなった身体を伸ばす時は、

その最中だけが「痛い」。

元の姿勢に戻ると、とたんに

「痛い」感覚はなくなる。

 

これは、今まで認識していなかった

部位や、筋肉や、硬さに

初めて「気づいた」という感覚。

 

そう、それまで何の主張もして

来なかったところからのアピール。

しかも、普段と違う動き方なので

この新鮮な感覚を「違和感」だと

思い込んでしまう。

 

このなじみのない感覚を表す時に

適切な表現が見つからない。

だから、それに近いような

「痛い」という表現が出てしまうだけ。

 

硬い部分が伸びて、「ああ!痛い」と

感じた時には、

「あ、私の身体の中には、

まだ知らない部分があったんだー」と

思ってみてくださいね!

 

この「痛み」を苦痛に感じなく

なりますよー!

 

 

各種お申込みはこのページ下の

フォームよりどうぞ!

折り返し可能な時間を

ご返信いたします。

 

 

グループレッスン
スケジュールはこちら

グループレッスンは、

各レッスン13名までの

少人数制クラスです。

スケジュール下の

【ネット予約はこちら】ボタンより

ご予約カレンダーに飛びます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です