吹田千里山のヨガ教室 メイヨガスタジオ 初心者体験実施中

【RYT200】ヨガの先生になるには?RYTって?全米ヨガアライアンスって?

深い呼吸で、自分を見つめ、こころも身体も軽やかに♪

May Yoga Studioで現在進行中の

RYT200認定ヨガティーチャートレーニング!

 

 

そもそも「ヨガの先生」になるには

資格を取らないとなれないの?

というと、答えは「NO」なんです。

資格はあくまで私設資格であり、

知識と技術があれば、ヨガの先生には

誰でもなれます。実は。

 

そうなると、誰でもなれるがゆえに

本物の知識がない、技術がない先生も

現れてきた時期があり。そこで、

一定の基準を定めようという動きが出、

全米ヨガアライアンスという団体が

カリフォルニアで発足しました。

 

ヨガの先生としての最低限の知識を

習得する200時間のトレーニングを

この人は受けましたよ、

と証明してくれる私設団体です。

 

ヨガブーム後、そこここでヨガ教室

スタジオができ、ヨガの先生が増え

現在この全米ヨガアライアンスの

認定を受けているというのが、

一般化してきました。

それが現在、いわゆるヨガの「資格」

といわれています。

 

こぞってこの資格を取る人が増え、

その一方で、質の低下も問題と

なってきました。

そこで、新たに300時間のトレーニングを

積み重ねた、RYT500の認定資格が

スタンダードになるであろう動きに

移行しつつあります。

 

この辺りの流れは、私の先輩でもある

愛媛のヨガスタジオ・yogalicious主宰

ユキ先生のブログに書かれています。

こちらがユキ先生のブログです→→★★

 

 

そのための第1弾の学びとして

今回May Yoga StudioでもRYT200の

認定トレーニングを行っています。

 

今年の7月からは、Rupali&Tania先生による

RYT500の認定講座も始まります。

日本では、佐世保、松山、大阪の

3都市で開催されます。

こちらは、300時間の更なる学びと

なりますので、期間も長くなるため

4モジュール(4期制)に分けて行います。

 

順繰りに3都市を回っていく形で

開催されますので、早く取得を

目指す方には、開催地に自ら赴き

取得していく方法で。

あまり移動できないという方には、

その都市で各モジュールが開催

されるたびに受講するという方法

で、フレキシブルに受けられます。

 

RYT500の詳細についてはこちら→→★★

 

 

【RYT500】ShantiGirl Yoga Hawaii
全米ヨガアライアンス認定500時間ヨガティーチャートレーニング無料説明会

日時:2月2日(日)16:00~17:00

2020年7月より、佐世保・松山・大阪の3都市で開催される4モジュール構成の500時間トレーニングについての説明会です。
お茶とお菓子をつまみながら、講師の先生方を囲み、気軽なおしゃべりのような気楽な会です。
500時間トレーニングに関する疑問点などにお答えいたします。

お申込みは下記フォームにて「500TT説明会参加希望」とお書きの上、お送りください。

 

各種お申込みはこのページ下のフォームよりどうぞ!

折り返し3営業日以内にご返信いたします。

 

グループレッスンスケジュール

こちら

グループレッスンは、

各レッスン13名までの

少人数制クラスです。

スケジュール下の

【ネット予約はこちら】ボタンより

ご予約カレンダーに飛びます!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です