吹田千里山のヨガ教室 メイヨガスタジオ 初心者体験実施中

「一人でおうちヨガ」の指針となるもの。背骨の動きに重点を置くといいよ!

深い呼吸で、自分を見つめ、こころも身体も軽やかに♪

いつも通っていたヨガスタジオまで

営業自粛……

ポーズは何となく覚えているけど、

一人ではどうやって練習したらいい

のがわからない!という方へ!!

 

 

たとえ短い時間でも、できる時は

ヨガの練習をしたほうがいい。

しないよりはいい。

それはわかってるけど、じゃあ

どうやったらいいの??

 

一人で「おうちヨガ」をする目的は

身体の詰まりや滞りをなくして

停滞しがちなエネルギーを動かす

ということ。

 

その時に、からだの隅々まで、

エネルギーを届けるために重点を

置くべきは「背骨」の動き

 

簡単に言うと、ヨガでは、背骨

「スシュムナー・ナディ」という

エネルギーの通る管があると考える

ので、それを全部の方向に動かす

ことで、全身にエネルギーを届ける

ことができるというイメージ。

 

「背骨」は8方向に動く。

① 前に曲がる (前屈)

② 後ろに曲がる (後屈)

③④ 右と左に曲がる (側屈)

⑤⑥ 左右の方向にねじる
(一端は固定。この場合、腰部)

⑦ 上下に伸びる (伸長)

⑧ 上下に縮む (収縮)

 

その動きを一通り行うことで

短いヨガの練習時間でも、

まんべんなく身体全体に

エネルギーが行き渡るように

なりますよー!!

 

立ちポーズでも、座りポーズでも、

背骨がこれら8つの動きを網羅して

いればいいんです。

 

おすすめは「太陽礼拝」

どんなバージョンでもOK!

なぜかと言うと、⑤⑥のねじりの

要素以外、全部含まれているから。

 

ですので、身体が気持ちよく温まり

広がってきたなーと思うくらいまで

数回、太陽礼拝をやって、

その後に、ねじりのポーズを左右

行ってみる。これでばっちり!

 

太陽礼拝でなくても、短く簡単に

これらの動きを取り入れることも

できるよ。たった3分の簡単な

動きをしたのがこちら!!→→★★

(この前のYouTubeですよ)

 

そして、余力があれば、

背骨全体を逆さまにしてみる

なお良し!!

ヘッドスタンドや、逆立ちでもいい

ウサギのポーズ(頭頂を床につけ

お尻を持ち上げる)でもいいよ。

 

 

 

各種お申込みはこのページ下のフォームよりどうぞ!

折り返し可能な時間を

ご返信いたします。

 

グループレッスンスケジュール

こちら

グループレッスンは、

各レッスン13名までの

少人数制クラスです。

スケジュール下の

【ネット予約はこちら】ボタンより

ご予約カレンダーに飛びます!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です